FX口座の開設はネットのみで進めることができます。

詳細手順はそれぞれの証券会社のホームページを確認して

指示に従ってください。

 

FX口座開設手順方法と必要書類とは?

FX口座の開設には一応審査があります。

公式サイトから個人情報の入力をし、

免許証など必要書類をアップロードもしくはメールなどで送りましょう。

後日パスワードなどが書かれた書類が届きますので、それでFX口座にログインし、入金をします。

入金はネットバンキングや振込など対応しています。

 

ネットバンキングから即時入金できるクイック入金がおすすめですので、

合わせてネットバンキングも作っておくと良いでしょう。

ゆうちょや三井住友などもネットバンキングがあります。

入金が完了したら、いよいよ取引可能です。

FX業者によっては資料請求して紙媒体での口座開設申し込みができるところもあります。

まずFXの業者のホームページにある資料請求用のフォームに必要情報を入力します。

するとFXの業者は、請求者に対して資料を送付します。

その資料には、たいてい申し込み書が同封されています。

その書類をFXの業者に送付する訳です。

この後の流れは、上記のネット完結型と同様です。

審査が完了したら、やはりパスワードが送付されて口座開設が完了するという流れです。

ちなみにネット完結型に比べると、やや時間がかかる場合が多いです。

FX口座開設方法は、このようにインターネットだけで完結する方法と資料請求による方法になります。

 

口座開設をした後取引までの流れとは?

口座開設が完了して口座に入金をしたら

それぞれの証券会社が用意している取引ツールを使用します。

注文は簡単で例えばドル円が上がりそうだと思ったら、

画面の買いと書かれているボタンを押せば注文をすることができます。

 

下がりそうだなと思ったら売りと書かれているボタンを押せば注文することができます。

そして買いの場合にはレートが上昇すれば利益になりますので決済をします。

決済方法も決済と書かれているボタンを押せばできますし、

また一定のレートに来たら執行するようにする指値注文と呼ばれるものもあります。

いざ取引しようとなっても知識がなければ難しいです。

初心者がいきなり大きな金額でトレードしても負けてしまうことが多いので、

基本的なことをしっかり勉強しつつ実践として少額からトレードすることをおすすめします。

注文方法などを覚えるためにデモ口座を使うのもおすすめです。

 

いきなり大きなロット数で始めてしまうと危険ですので

まずは1000通貨(0.01ロット)や1万通貨(0.1ロット)から始めて見ると良いでしょう。

1000通貨(0.01ロット)なら1円動いても1000円、

1万通貨(0.1ロット)なら1万円ほどしか資金は変わらないので、

例え減らしてしまっても

そこまでダメージはないと思います。

毎日チャートを見て、だんだんと分かってきて勝てるようになってきたら

徐々に注文枚数(ロット数)をあげていきましょう。