FXDDは、海外のFX業者を利用する日本人投資家の間で非常に知名度が高いブローカーです。

運営会社であるFXDD Malta Ltd.の会社情報ですが、2003年からMFSA(マルタ金融庁)、CFTC(米国商品先物取引委員会)、NFA(全米先物協会)のライセンスを取得してFX・商品先物取引サービスを行っており、10年以上もの歴史を持つ老舗FX業者です。

運営会社の拠点はマルタ島と、米国ニュージャージー州に設置されています。

FXDDでは日本人顧客向けのサービスも続けられており、現在も常時10名の日本人スタッフが日本人顧客向けのサポート業務を行っています。

日本語ページやチャットによるサポートに加え、日本人スタッフによるブログも設置されていて、海外FX業者初心者におすすめです。

 

 

FXDDの口コミや評判、評価など

FXDDは非常に歴史が長くて日本語のサポートデスクが設置されているため、多くの日本人投資家が利用しています。

FXDDについてのインターネット上の口コミや評判を見ると、24時間体制の日本語サポートについてが特に高く評価されています。

日本人スタッフによるブログやtwitterが設置されているため、安心して取引ができるとの意見が見られます。

 

他にも1,000通貨と少額の投資が可能なため、FX投資の初心者にとっても利用しやすいとの書き込みもありました。

海外業者としてはスワップポイントが高めであるため、スワップポイントを稼ぐことができる、という意見もあります。

逆に消極的な体験談や感想として、海外業者としてはスプレッドが広めであること、

入金に時間がかかること(クレジットカードを利用しても1~2日)、

急激に相場が変化する局面では利用者が集中してサーバーの反応が遅くなる、

強制ロスカット水準が100%と高い、

などの点を指摘する書き込みが見られました。

 

 

FXDDで実際に口座開設してトレードした感想、体験談

実際にFXDDに口座開設してトレードをした感想ですが、何年も前から日本語でのサポートが充実していると感じます。

そのため、英語力が全く無い日本人でも安心して取引ができます。

口座開設手続きも非常にシンプルで、専用フォームで必要な情報を入力して、

運転免許証を撮影したしたJPEG画像をアップロードするだけで手続きが完了しました。

トレードについては、良い意味でも悪い意味でも日本のFX業者とよく似ています。

レートが急激に変動した時に、約定に数秒程度の時間がかかることもあります。

90日間以上にわたり取引を行わないと口座維持手数料が徴収されてしまうので、

2~3ヶ月に1度は何らかの取引を行うように気を付ける必要があります。

 

FXDDの口座種類と開設方法、手順

FXDDの個人向け口座は「スタンダード アカウント」と「プレミアム アカウント」の2種類があり、いずれもMT4サーバーを利用します。

両者の主な違いは、スプレッドと取引手数料です。

スタンダードアカウントはスプレッドが広い(円ドルで3.1pips)かわりに手数料が無料で、

プレミアムアカウントはスプレッドが狭い(円ドルで1.1pips)かわりに一定額の手数料($2.99~$4.00)が徴収されます。

 

口座開設手順ですが、日本語のトップページの「ライブ口座開設」個人口座の「申請する」ボタンをクリックして、

専用フォームに必要事項を入力します。

入力が完了して送信したら、身分証明書類を撮影したJPEG形式の画像ファイルをアップロードします。

提出する書類は2種類で、例えば運転免許とパスポート、運転免許と健康保険証などの組合わせとなります。

口座開設完了のお知らせメールが届けば、ログインして入金ができるようになります。

 

 

FXDDの入金の種類と方法、手順

FXDD口座への入金方法の種類ですが、日本人が利用できる手段は国内銀行振込、海外送金、クレジット(デビット)カードの3種類です。

入金手順ですが、ログイン後に表示されるメニューで「口座」「資金を入金」をクリックします。

入金方法選択画面が表示されるので、希望する方法を選択します。

入金先アカウント・通貨・入金額・居住国を選択し、本人認証欄と同意事項にチェックを入れて次に進みます。

入金方法に応じて必要事項を記入して、青い「続ける」ボタンをクリックすれば完了です。

 

銀行振込を選択すると振込先の銀行口座情報が表示されるので、銀行窓口またはインターネットバンキングなどで振込を行います。

1~3営業日後に口座に入金が反映されますが、着金を知らせるメールは送信されません。

このため、入金手続き後に自分でログインして入金を確認するようにしましょう。

 

FXDDの出金の種類と方法、手順

FXDD口座からの出金の種類ですが、入金時に利用したクレジット(デビット)カード、銀行送金から選択することができます。

出金方法の手順ですが、ログイン後のメニューで「口座」「口座フォーム」を選択します。

口座フォーム一覧の中から「出金フォーム」をクリックし手ダウンロードします。

ファイルをプリントアウトして、必要事項を英語で記入します。

金額欄は「JPY 12,345」のように記入しましょう。右下にイニシャルを書きます。

 

2枚目では、希望する出金方法にチェックを入れて、それぞれ必要事項を記入します。

下の方に直筆の署名と口座名義(アルファベット)、記入日の日付(日/月/西暦年)を記入して、右下にイニシャルを書きます。

書類が作成出来たら、メールまたはFAXで送付します。

メールを利用する場合には、書類をスキャナーや携帯端末のカメラで読み込んでPDF文書に変換して添付します。

スマートフォンであれば、PDF作成アプリを利用することができます。