FXPrimusは外国人向けにFX取引サービスを行う会社で、日本人も口座開設して取引ができます。運営会社であるPRIMUS MARKETS INTL Limited社の会社情報ですが、2014年にバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の金融ライセンスを取得し、世界中でFXサービスを展開しています。

 

この業者はイギリス・ペルー・中国・ニュージーランドなどに拠点を置く、国際的な大手FX会社です。日本ではあまり知名度が高くありませんが、欧州では有名で高く信用されているFX業者のひとつです。キプロスではなくてバヌアツ共和国のライセンスを取得した理由は、日本を含めて海外の投資家がサービスを利用することができるようにするためです。

FXPrimusは安全性を重視しており、顧客資産は最大250万ユーロまでロイズの保険契約によって保証されます。個人投資家であれば250万ユーロもの資金を預けることはないので、実質的に全額保証されるとみなすことができます。

 

 

FXPrimusの特徴やメリット、デメリット

FXPrimusの特徴は、安全性や信頼性が非常に高いことです。FXPrimusの最大のメリットは、キプロス証券委員会と同レベルのバヌアツのライセンスを取得していることと、顧客資産はロイズの保険契約によって手厚く保護されていることです。

高い信頼性の他にも、ボーナス特典が充実しているというメリットもあります。30%もの入金ボーナスや、2ドル/ロットの特典プログラムが用意されています。入金方法としてクレジットカードや国際送金の他に、ビットコイン入金も可能であるという利点もあります。

 

FXPrimusのデメリットですが、日本語でのサポートが不十分であることです。サイトは中国語やロシア語などの多くの言語に対応していますが、日本語には対応していません。このため、英語表示にして各種の手続きや取引を行う必要があります。サイトは平易なイギリス英語が使用されているので、高校卒業程度の英語力があれば、問題なく取引ができます。

 

 

FXPrimusの口コミや評判、評価など

FXPrimusの口コミや評判を見ると、好意的な評価としてボーナス特典が充実していること、運営会社の信頼性が非常に高いこと、ECN口座があることなどの書き込みがあります。追証無しの海外業者であるにもかかわらず、ロスカットの証拠金レベルが30%低いことも高く評価されています。FX上級者の口コミ情報を見ると、PAMM口座やプラチナAPIが利用可能であることも評価されています。

 

消極的な評価として、日本語でのサポートが不十分であることや、海外FX業者としてはスプレッドが広めであること、出金時の国際送金手数料が50米ドルと少し高めであることが指摘されています。

 

ネット上の口コミや評判を見ると、FXPrimusは他の海外FX業者よりも手数料が高めなので、高額取引を行う上級者におすすめのFX業者であることが分かります。ロイズの保険によって顧客資産が保証されているので、安心して高額の取引ができます。

 

FXPrimusで実際に口座開設してトレードした感想、体験談

実際にFXPrimusの口座開設手続きを行った感想ですが、英語に慣れていないと手続きに時間がかかると思われます。海外の銀行口座を利用している方で英語表記のネットバンキングを経験している方であれば、特に問題はありません。

 

取引画面も全部英語ですが、他の海外FX業者で日本語表記のサイトを利用した経験があったため、操作方法の点で特に不自由に感じることはありませんでした。約定時間が短いため、サクサクと取引することができました。最初は操作に慣れるまでに少額取引でトレーニングをする必要がありましたが、ある程度慣れてきたら日本語のサイトと同じような感覚で取引をすることができました。

 

他の経験者の体験談や感想でも指摘されていますが、入金の際に銀行振込を選択すると海外送金にしか対応していないため、入金金額が少ない場合にはクレジット(デビット)カードかビットコイン入金を選択した方が良いでしょう。ちなみに最低入金額は100USDです

 

FXPrimusの口座の種類と開設方法、手順

FXPrimusの口座開設時には、変動スプレッド口座(STP)とECNプレミア口座(ECN)の2種類が選択できます。いずれも最大レバレッジが500倍、最小取引単位が1,000通貨である点で同じですが、スプレッドと手数料に違いがあります。STPは手数料が無料で最小スプレッドが1.80pips、ECNは片道手数料が5USDで最小スプレッドが0.6pipsです。

 

口座開設方法ですが、トップページの「START TRADING」をクリックして、専用フォームに必要事項を記入して進みます。口座の種類として個人口座「Individual Account」を選択し、誓約書欄に全てチェックを入れてから次に進みます。

提出する身分証明書類の種類を選択してJPEGの画像ファイルをアップし、「NEXT」ボタンをクリックします。ログイン画面に切り替わるので、フォームに入力したIDとパスワードでログインして、メールアドレスを登録すれば手続きは完了です。

 

FXPrimusの入金の種類と方法、手順

入金方法の種類は、海外送金・クレジット決済(VISA・MasterCard)、ビットコインから選択できます。入金手続きの手順ですが、ログイン後のトップページ左上で「Fund Account」を選択し、「Wire Transfer」をクリックします。入金する通貨を選択し、表示される銀行・口座に国際送金を行います。海外送金時のメッセージ欄にログインIDを記しておきます。

 

クレジットカードやビットコイン選択する場合には、それぞれの項目をクリックします。クレジットカードを選択した場合は通貨と金額、名義人の住所などを登録して「Preview」をクリックし、間違いがなければ確認「Confirm」をクリックします。

次にカード番号などの情報を入力して「Submit」をクリックしたら完了です。ビットコインの場合には入金用のコインアドレスが表示されるので、指定されたアドレス宛てにビットコインを送信します。

FXPrimusでは、入金手数料が徴収されることはありません。

 

 

FXPrimusの出金の種類と方法、手順

出金方法の種類は海外銀行送金またはクレジット決済が選択できます。クレジット決済はショッピングのキャンセル扱いとなるため、入金時に使用したカードで入金した金額分のみ出金ができます。

入金額を超える利益については、銀行送金(海外送金)で出金を行います。銀行送金を利用する際は、最初に出金先の銀行口座を登録しておきます。会員ページの「Profile」をクリックして「Your Bank Info」を選択し、銀行名や口座番号などを入力して登録します。

出金先の口座は本人名義である必要があり、日本国内の自分の口座を指定します。あらかじめ、出金先銀行のSWIFTコードを調べておくようにしましょう。

出金手続きですが、左のメニューで「Withdrawal」「Bank Wire」を選択し、金額を入力します。出金先の口座を確認して「Confirm」をクリックします。間もなく出金完了を知らせるメールが届きます。海外送金を行うため、着金までに3~5営業日ほどかかります。