FXではトレンドを把握することは非常に重要なことです。そのために用いるものの一つがトレンドラインです。その引き方は、

上昇しているときには安値を結び、下降しているときには高値を結ぶというのが一般的です。上昇しているときに安値を引いて伸ばしたときには、サポートライン、あるいは支持線と呼びます。これは何を意味するのかというと、このラインのところでサポートされることを意味します。安値を結んでいるわけですから、為替レートのほうが上にあります。

そして、下落してきてサポートラインに接すると、そこで反発することが多いのです。逆に、下落の時には高値を結んでいますから、為替レートは下にあります。この場合にはレジスタンスライン、あるいは抵抗線と呼ばれます。為替レートが上昇してきてレジスタンスラインに接すると反落することが多いです。
サポートラインやレジスタンスラインと交差するとトレンド転換の可能性が高くなります。たとえば、上昇トレンドの時に為替レートが一時的に下落し、サポートラインで反発せずに割り込んだ場合、そこでトレンドが終了すると判断するのが一般的です。

そこから下落トレンドになるのか、それともトレンドレスの状態になるのかは分かりませんが、いったん上昇トレンドは終わると考えるべきでしょう。
実際には終わらない場合もありますが、その場合でもいったんポジションを閉じておいた方が安全です。
FXではトレンドが転換するかどうかを判断するのは非常に大事ですが、そのためには見方を知っておいた方がよいです。上昇トレンドから下落トレンドに転換する場合を開設します。トレンドラインを割り込む前に、高値の切り下げが起る場合が多いです。

上昇トレンドでは上昇したり下落したりを繰り返していきますから、高値が更新されていきます。一つの高値ができて下落し、そして再び上昇してきたときに、直近高値を超えずに反落すると、サポートラインを割っていなくてもトレンド転換するか農政は宅なります。

そして、サポートラインを割り、さらに直近の安値を切った場合、下落トレンドに突入する場合が多いです。FXでは、このトレンド転換が分かれば高いパフォーマンスを得ることができるでしょう。

高値を切り下げなかったり、あるいは直近やすねを切らずにサポートラインを割った場合、トレンド転換にならない場合が多いです。この場合、FXでは逆張りを用いて短期の売買をすると、利益を得やすいと考えら得ます。