FXの魅力の1つにレバレッジが使えることがあります。

レバレッジを使えば、自分が持っている資金以上の取引ができます。

自己資金が10万円しかなかったとしても、

レバレッジ10倍で取引すれば、100万円分の取引ができてしまうのです。

 

自己資金が小額しかなかったとしても、

レバレッジを使って取引すれば大きな取引に挑戦でき、

為替が自分の予想通りに動けばガッポリ儲けることができます。

しかし予想が当たれば大儲けできますが、

逆に予想が外れた場合は損失が大きくなるのも

レバレッジを使った取引の特徴であり怖さです。

 

高レバレッジ取引で大きく為替が変動したりすると、

自己資金が一気に吹っ飛んだりするので気をつけましょう。

初心者のうちはレバレッジを使わないで取引することをオススメします。

レバレッジを使わない、つまりレバレッジ1倍での取引なら、

ほとんど外貨預金と同じです。

 

これならさほどリスクなないですから、

まずは、これでじっくりと経験を積んで、

慣れてきたら少しずつレバレッジを高くしていきましょう。

ちなみに、現在、日本国内のFX会社では、規制がかけられているので、

あまりレバレッジを高くできなくなっています。

 

昔はかなり高レバレッジな取引も可能でしたが、

それで大損する人が続出したので、

金融当局も規制するようになりました。

 

しかし海外FX、つまり海外にある業者を使えば、

レバレッジの規制がない会社もたくさんあるので、

高レバレッジな取引が可能です。

 

いずれにせよ、FX初心者の心得として、まずは低レバレッジで取引することが基本です。

レバレッジの設定ができない場合は、取引枚数(ロット数)を調整することで

低レバレッジと同じ状態にできます。

取引単位は1万通貨や1000通貨などで練習を積みましょう。