MT4とは、ロシアのMetaQuotes Software社が開発した

FXプラットフォームです。

MT4は、FX標準プラットフォームとして世界的にとても人気があり、

どのFX業者でも取り扱っています。

 

日本国内においてはそれほどでもないですが、

近年はMT4を採用するFX会社も増えてきています。

MT4の人気が高い理由は、

無料で使えるフリーソフトであるにも関わらず高機能だということと、

自動売買やオリジナルのEAの利用などができる拡張性の高さです。

 

自分も使い始めて、チャートの表示が自由に変えられ、

テクニカル分析が非常にやりやすいことに驚きました。

 

また『MQL4』という、C言語を基本にしたプログラミング言語を使って、

独自のテクニカル指標を作ったり、

カスタムインジケーターといって、

他のトレーダーが作成したものも無料で数多くネット上に配布されていて

自由に使うことができ、自分の投資スタイルに合ったチャートを作成できます。

 

さらに、独自のExpert Advisor(EA)を作成したり、

自分で手に入れたEAで完全自動売買もできます。

これらはバックテストというものもできるので、

テストしてみてよかったら実際に使うといったことも可能です。

 

MT4の基本的な使い方について

MT4の使い方としては、

まず口座開設をしたFX業者のサイトから

MT4を自分のパソコンにダウンロードする必要があります。

 

MT4自体はそれほどファイルも大きくなく、

すぐにダウンロードが完了すると思います。

 

ダウンロードが完了したら

まずは全体的な操作方法やチャートの見方を覚えましょう。

 

画面左上に様々な設定ボタンがありますので

主なものを順番に見ていきましょう。

 

まずは新規チャートを表示し、そこに表示させたい通貨ペアを選択します。

チャートは複数表示できるので、

複数の通貨ペアを選んで同時に見たり

同じ通貨ペアでも複数の時間軸を同時に見ることができます。

 

次にチャートの表示方法を設定しましょう。

ローソク足、バーチャート、折れ線足などがあり好きなものを選べますが、

多くのトレーダーはローソク足を表示させているのでローソク足が一番おすすめです。

このローソク足からは、始値・終値・高値・安値の情報を読み取ることができます。

線がその時間足内での高値・安値を表し、

ボックス部分が時間足内での始値・終値を表しています。

さらに、色によって、終値が始値より高いか安いかを表わしています。

デフォルトの状態だと上がっているのが緑で下がっているのが白で表示されています。

 

 

また、チャート上には、垂直線、水平線、自由な角度の線などを、

好きな太さや色で書くことができます。

こうしたラインを引くことで、トレンドや高値、安値の切り上げや切り下げなど

より相場が分りやすくなり、対策を練ることができます。

 

ラインの他にも、テキストやサインをチャート上に表示させることもできます。

非常に便利な機能なので、有効に活用しましょう。

 

MT4上では、チャートを見るだけでなく、売買注文も出せます。

新規注文ボタンをクリックすると、注文の発注画面が表示されるので

取引する通貨ペアを選択し、取引したい通貨量と注文種別を選びます。

注文種別には、成行注文、指値注文、逆指値注文があります。

 

成行注文をした後は忘れずにストップ注文を入れ

損切りをすることを徹底しましょう。

 

また、MT4ではEAを導入することによって、

注文から決済まですべて自動でおこなう自動売買も可能です。

他にも売り時・買い時のサインを自動的に出してもらって、

実際の売買取引は、自分でするという使い方をする人もいます。

 

その他にも細かい設定ができるので

自分で色々いじってみると良いと思います。

 

MT4を使ったシステムトレードについて

fxでは、投資する人が独自に考えて売買するほかシステムトレードと呼ばれる自動売買があります。

為替市場は、日曜日を除けば毎日24時間どこかで取引されています。

そのため絶えず監視し続けていないと思わぬ損を被るリスクが存在しています。

また24時間監視し続けるのは困難ですし、

まして働いている人が副業として行うのには現実的ではありません。

 

そこで自動売買によって取引を自動化させたものがあります。
自動売買といっても、投資する人がある程度のルールを設定して

コンピュータが取引を代行してくれるものです。

また近年では、コンピュータに一定のアルゴリズムを加え、

トレーダーとしたものや実際のトレーダーに売買を代行させるシステムトレードも登場しています。